« ペア | トップページ | お昼寝、お昼寝 »

2008.05.17

水無月の季節がまた

このあいだ、仕事である街へ行った。

080517a

10代後半に住んでいた街。
今振り返ると、貧しさの中にあったけれども家族が団結していた頃。
なぜかいつも笑っていた母との想い出がつまっている。

私鉄駅からJR駅までの間は商店街になっている。
高校生のころ、このあたりは通学路だった。

よく赤飯を買った「力餅」の店は、狭い店構えで残っていた。
シャッターが下りていたのはちょっと気になったけれど。

あ、ここはジャスコがあったところ・・
昔はジャスコってローカルなスーパーだったの、知ってますか?
ちょっと半地下になっている数段の階段で、昔母がころんで骨折したところもそのまま。

あれれ?好きだったパン屋さんがなくなってる。残念。
そういえば、他の地域でも見なくなったけど、つぶれた?

080517m

あ、和菓子屋さんの店先に「水無月」。
6月のお菓子だが、5月ころから売り出される。
京都ではよく知られたお菓子だが、大阪ではポピュラーではない。
でも、この街にはあるある。京都に近いからか。

080517o

母の好物。私も大好物。
小さい頃によく食べたものは、やっぱり忘れられないものなのか。
京都育ちの母には、もっといろんな想い出があったに違いない。


洋品店やかしわ屋(鶏肉専門店)さん、まだあるある・・。
この洋品店で、母と一緒に買い物したっけ。黒のスカート。

駅の近くはどんどん発展して、昔の面影がどんどん減っていくけど、
商店街にはどきっとするほどそのままのところがあったりして。

080517b

ちょっとセンチメンタルになるのには、格好の季節。

見えてる?こっちはもう、「水無月」の季節だよ。

|

« ペア | トップページ | お昼寝、お昼寝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13861/41236005

この記事へのトラックバック一覧です: 水無月の季節がまた:

« ペア | トップページ | お昼寝、お昼寝 »