« 目を光らせて | トップページ | 6月の空の下 »

2007.06.01

笑顔は作る?

しばらくご無沙汰しておりました。(^^ヾ

5月はあっという間に過ぎ去り、今日から6月。
blog仲間の みいさん に教えて頂いた「風待月」でしたか・・この表現がいいなぁと思います。

070601

最近ある仕事で、「これから人を指導する人たちを養成する訓練」というのに立ち会いました。
優秀なメンバーで、ヒントひとつでどんどん考え、どんどん自分のものにできていきます。いやぁ、昔の私なんて足元にも及びません。いかに自分が効率の悪い仕事をしてきたのかが分かり、良い刺激にもなりました。

で、最終日に彼女達の発表を聞く機会がありました。聞き始めて何か硬いものを感じ、おかしいな・・と思ったら、台本に基づいて話しているとのこと。
それまでの日程の中で、「理念を伝える意味」や「自由な発想」や「仕事哲学」について一緒に考えてきたのになぁ・・。あんなに能力のある人たちなんだから自由裁量に任せてあげたらいいのになぁ・・・。

その台本の中に、笑顔の項目がありました。
「笑顔を作るときは、筋肉が・・・」 いや、確かに筋肉は動くわけですが。
私は昔から「笑顔を作る」という言葉に抵抗があります。言いたいことは分かるけど、自分は使わないようにしてきました。確かにサービス業だと、不愉快な顔は失格、笑顔でないといけない、という大命題が課せられます。サービス業に携わるものは、そこのところでいつも苦労します。顔施といわれるような、心に沁みる笑顔の力を知り、笑顔を維持できるだけの精神力から入って、そういう心でいられるようにと、ものの見方なんかも考えるようになります。時には作り笑顔になることだってあります。その値打ちのなさも知った上で、そんなこんなを考えるうちに、プロとしての笑顔が身についていくように思います。

台本度返しで、彼女達の言葉で語られる「笑顔」について、いつか聞ける日を願いつつ・・。

今日はネコの話題なしですが・・・ネコblogランキングへよろしくです(^^)⇒Banner_02 


|

« 目を光らせて | トップページ | 6月の空の下 »

コメント

「笑顔」・・・内面から湧き出るような笑顔は惚れ惚れしますね。

ニュースで見た藤原紀香さんの笑顔は良かったなぁ・・・・・笑 

花はカーネーションですか?

投稿: beso | 2007.06.01 11:12

こんにちは。
 「風待月」かぜまちづき・いいですねえ。わたしも好きです^^

「笑顔」溢れる笑顔は、人を幸せにしますね。感動するこころを持ち続ければ、自然に笑顔になるのかも。
「作り笑い」わたしも時々してますねえ。ぎこちない(笑

笑顔のステキな人は憧れです。

投稿: みい | 2007.06.02 14:36

★besoさん
これはナデシコ科の石竹(せきちく)の一種のようです。私は単純にナデシコだと思っていましたが。(^^;カーネーションもナデシコ科なんですね。調べて知りました。
紀香さん、きれいでしたね。あの関西弁もはんなりしていて、いいですね。(^^)

★みいさん
みいさんの教えてくださった風待月・・いい名前です。待つ心もなんだかステキです。
いろんな笑顔がありますが、ふとした時に見える、ふとした笑顔にどきっとすることがあります。そういう笑顔が出る人でいたいものです。(^^)

投稿: pixydust | 2007.06.03 21:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13861/15275919

この記事へのトラックバック一覧です: 笑顔は作る?:

« 目を光らせて | トップページ | 6月の空の下 »