« 名古屋港イタリア村 | トップページ | オニさんこちら »

2006.10.03

アラーキーさんとネコ

061003_1
写真家の荒木経惟(あらきのぶよし)さん、通称アラーキーさんは、ヌード写真や「東京日和」などで有名ですが、このネコ写真も結構有名ですね。
最初にこの方のネコ写真に出会ったのは、獣医さんの待合室でした。「愛しのチロ」という小さなサイズの写真集。ここには亡くなられた奥様も映っていますが、何よりアラーキーさんがチロ大好きだったことが伝わる本です。文章は少ないですが、正直な言葉で語られるところが魅力的です。
「(略)夜眠れない。チロはよくねてる。ベッドで泣いてはいないが(一度泣いた)、ヨーコのことを想って胸が痛む。明け方に半夏厚朴湯を飲む。昨夜も眠れなかった。ニャーァ、ニャーァと首の鈴の音をさせながら、チロが帰ってきた。チロも寂しいらしく、屋根を越えて遊びに行ってもすぐに帰ってきてしまう。泣き声がすごく哀しい。ひょいっとAの胸の上にのった。チロちゃん、ママはやく帰ってくるといいねェ。チロとちょっとうとうとしたらしい。夢をみた。ヨーコとチロといっしょにどこだかの露天風呂に入っていた。(略)」
数年前、アラーキーさんが美術を担当した「みすず」という映画を観ました。金子みすゞさんをモデルにした映画です。主演が今ひとつだったので、それほど気に入った映画でもなかったのですが、でも、この映像の美しさ、色使いがすごいなぁ・・と感心したのは覚えています。変わった方のようですが、なんだか魅力的な方ですねぇ・・アラーキーさん。ネコ好きなところがまた好きです。(^^;

|

« 名古屋港イタリア村 | トップページ | オニさんこちら »

コメント

「愛しのチロ」「猫日和」持っています。
というより 娘が置いていった本ですが....。
私もこの本を見て荒木経惟氏の印象が変りました。 過激なヌード写真を撮る 変った写真家のイメージが強かったのですが....。
奥様と猫を視る目の優しさは そのコメントと共にホロッとしますね。

投稿: Tonton | 2006.10.03 21:14

★Tontonさん、
あ、同じのをお持ちなのですね。(^^)
東京日和の映画で、なんとなくご夫妻のイメージはあったのですが、チロと一緒のエピソードは、またひときわ温かくて、しみじみしていますね。
チロ、今はどうしているんでしょうねぇ・・。

投稿: pixydust | 2006.10.03 23:53

荒木経惟氏の作品は時々目にしたことがありますがネコの写真集を出してるんは知らなかったです。
写真家はすばらしい感性を持ってる方が多いですね~☆

投稿: beso | 2006.10.04 11:01

★besoさん、
本当ですね。写真って、撮る人の心の視点そのものという気がします。
ちょっとしたアングルの違いって、最後はセンスなのかな・・と思ってしまいます。ちなみに、ネコ写真はたくさんありますが、私は仔猫写真より、大人のネコの、それも凛とした感じの写真が好きです。ネコらしくて。あとは寝顔、これも言うこと無し。(^^)

投稿: pixydust | 2006.10.05 23:49

こんにちは。
 荒木さんの、最新写真集に「幸福写真」というのがあります。幸せそうな笑顔のオンパレード、見ていて嬉しくなる写真です。ある雑誌に紹介されていたのをたまたま目にしたのですが。
私も、荒木さんのイメージが変わってしまいましたよ。愛妻陽子さんの笑顔、100歳になる愛猫チロちゃんの写真、全部モノクロなんですね。
「モノクロ写真には、その人の過去や、未来を暗示させるものまで写っているように思わせる魔術があるんだよ。色は現在しか写らない・・・」と。
幸福な一瞬を写し出す荒木さんステキです。

投稿: みい | 2006.10.06 11:42

★みいさん、
「幸福写真」欲しくなりました。(^^)
モノクロは、確かに投影しやすくて、色々な思いが映し出されますね。それにしても、アラーキーさん、そういう写真を最近は撮られているのですね。100歳になるチロちゃんって?なんだか見てみたいですー。(^^)

投稿: pixydust | 2006.10.06 17:42

pixydustさん、こんばんは!
ウチでとっている新聞は土曜版に「アラーキーがゆく」というコーナーがあります。
毎回一枚ずつアラーキーさんの写真と、撮ったときの様子が掲載されています。

きょうの内容は写真集「青森ノ顔」の表紙写真の打合せ時の様子でした。全国47都道府県に乗り込み、そこで暮らす人々の顔を撮影していくシリーズだそうです。青森だけでも375組、688人を撮影したとのこと。
おもしろそうです(^^)

投稿: はっP | 2006.10.07 22:40

★はっPさん、
その新聞、見てみたいですねぇ。(^^)
アラーキーさんって文章も自然体で、上手いですよね。みいさんお薦めの「幸福写真」注文してしまいました。(^^ゞご本人も、そろそろこういう写真を撮ってもいいだろう・・という心境だそうです。そういう変化を肩肘張らず正直に表現されるところも素敵だなぁと思いました。

投稿: pixydust | 2006.10.08 21:26

「アラーキーの幸福写真」ってウェブページもあるのです!
http://www.47news.jp/araki
猫の写真はないようですが…

投稿: ひこにゃん | 2007.10.14 00:54

★ひこにゃんさん
ようこそお越しくださいました。
アラーキーさんのチロ写真や、こういう写真はステキですよね。チロも最近はどうしているんでしょう?
元気でいて欲しいものです。(^^)

投稿: pixydust | 2007.10.14 03:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13861/12135479

この記事へのトラックバック一覧です: アラーキーさんとネコ:

» ねこホリック症候群 [我道忘時抄 ~誰も知らぬパンドラの匣のロマネスク~]
 猫という文字、絵、写真、雑貨など、町なかで猫に関するものに出くわすと、つい手 [続きを読む]

受信: 2006.10.03 21:10

« 名古屋港イタリア村 | トップページ | オニさんこちら »