« 付箋の恐怖 | トップページ | ヴェネチア・・か »

2006.09.28

犬の愛

060928a
以前にも書いたことがあるかもしれませんが、ずっと昔にある人がこんなことを言っていました。
「男女の愛より母の愛、犬の愛」(^^; 
犬は群れで生活する狼に源流があるから、群れのボスに対する服従や忠誠は、その習性として当然・・などと解析することもできますが、でも、一緒に生活していると、「そうそう、犬の愛、わかる、わかる~」と思ってしまいます。いずれにしても、そうやって一度人間を群れの仲間・ボスと思って暮らしていた犬が、その仲間・ボスから裏切られる(これも人間の私の感情・信念からの言葉ですが)・・・そんな辛い話を聞くたびに、哀しくなります。

みいさんのブログで紹介された広島ドッグパークの記事を読み、呆然としました・・。

犬だけではなく、ネコや他の動物も同じ。一度「飼い主です」を名乗ったからには、父母が子どもに「お父さん」「お母さん」と名乗るのと同じく、その命への責任を持つ・・こんな当たり前と思えることが、時に人間同士でも薄れていることを見ると、世の中の流れを一端止めて、ふと立ち止まって考える時期が来ているのではないかと、考えてしまいます。写真は妹宅に2頭いるシーズーの妹格「ビーナ」です。

|

« 付箋の恐怖 | トップページ | ヴェネチア・・か »

コメント

こんばんは。トラバありがとうございました。
「男女の愛より母の愛、犬の愛」ほんとそうだあ~と思ってしまう私(笑

ドッグパークのことは、呆れ果ててしまいます。こんな悲惨な事件今までにもありましたよね。今回は数の多さにびっくりです。
心が痛まないのかしら?当たり前のことが出来ない人がいるのが、悲しいです。

ビーナちゃん、かわいいですねえ。

投稿: みい | 2006.09.28 19:05

>「男女の愛より母の愛、犬の愛」(^^; 

初めて聞いたけど名言ですね。
深夜に帰ると家族は熟睡。
犬は玄関で横になり寝ていても尻尾だけ振ってくれる。
犬に「おやすみ」言って寝るんですよ・・・・笑

投稿: beso | 2006.09.29 10:17

 動物を飼うということは、その動物の命に責任を持つということなのに。
 人間の勝手で、かわいがったあげく、捨てられてしまう命があるなんて。
 広島ドッグパーク、見ました。あまりのことに言葉もありません。

投稿: マサエ。 | 2006.09.29 15:38

僕の場合は
〈男女の愛より母の愛、犬の愛より猫のつれない愛〉ですかね。呼んでも来ない、抱こうとすると逃げる、おねだりするのはご飯だけ。それでも可愛いニャンコ。

投稿: Rhyme(らいむ) | 2006.09.29 20:41

★みいさん、
本当に辛いニュースですね。ペット動物に関しては両極端が多くて、自然に、普通に共存していくというような、肩の力の抜けた暮らし方ができればいいのに・・と思います。それって、ある意味、人間が自然体でいられるだけのゆとりが必要なのでしょうか・・。

★besoさん、
そうそう、夜とか早朝、挨拶してくれるのは、犬・猫だけだったりしますよねぇ・・。(^^;
そういうときには決まって「おぉ、おぉ、お前だけだねぇ・・」と目を細めて喜んでいたり。
どこの家も、似ています。(^^;

★マサエ。さん、
先日「豚のPちゃんと32人の小学生」という本をテーマに、動物介在の心理講座で討議のシミュレーションを行いました。結局「命って」という哲学にたどり着くのですが、今回のことはそれ以前の問題です。動物の命に対する感情について、それをどう評価するのか・・人それぞれ違うとはいえ、生き物同士の仁義があるだろうに、と。

★Rhymeさん、
「猫のつれない愛」は、愛されるというより、愛することに意義があるというような。(^^;
そのつれなさが何とも素敵・・猫の飼い主共通の傾向でしょうか?(^^;

投稿: pixydust | 2006.09.30 13:30

pixydustさん、こんにちは。
命への責任・・・本当にその通りですよね。

「男女の愛より母の愛、犬の愛」と聞いて、先日「トリビアの泉」という
TV番組で見た、愛犬と飼い主の実験を思い出してしまいました。
飼い主が別の犬をかわいがっているのを見たら、愛犬はどんな反応を
するかという実験のビデオが映し出されていたのですが、
愛犬の反応は痛々しく、そんな実験を試みた番組の犬の気持をもてあそんでる態度に腹が立ちました!!
でも、面白かったのは、飼い主の反応の方で!
皆さん一応に、自分の愛犬にヤキモチを焼いて欲しいと熱望している姿に、
思わずほほえましく思ってしまいました。
愛されたいのは飼い主も一緒なのネ(^^;

投稿: ぴい | 2006.09.30 16:01

★ぴいさん、
私も見ました~。最初はぴいさんと同感。そして途中からですが、100回もかわいそうに・・と思ったのは、相手役のレトリーバーでした。ブルブル震えている場面もありましたね。噛まれても耐えていて・・。いくらお仕事とはいえ、かわいそうになりました。
実は「はじめてのおつかい」シリーズも、私はあまり好きではありません。テレビのために実験をする、ということ自体が・・。
ワンちゃんの場合、群れのボスが自分を上位に認めてくれるのを待っている、というのをヤキモチととるのか、ワンちゃんの生態は分かりませんが、不安そうなワンちゃんの顔は印象的でしたねぇ・・。

投稿: pixydust | 2006.09.30 19:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13861/12069669

この記事へのトラックバック一覧です: 犬の愛:

» 小さな命消えないで・犬たちの・・・ [ふくろうの三十一文字]
秋晴れに犬と遊べば癒されて消える命のあるは悲しき 広島ドッグパークの崩壊を知り、 [続きを読む]

受信: 2006.09.28 18:52

» ネコもイヌも家族の一員 [blog“オトナ”の手帳]
みいさんのブログを見て、おどろきました。 ドッグパークの件には、いきどおりと、 [続きを読む]

受信: 2006.09.30 23:05

« 付箋の恐怖 | トップページ | ヴェネチア・・か »