« 風見猫 | トップページ | 鳩三郎 »

2006.05.14

ベルベット・イースター

060514
中古CDショップで時間を潰したとき、ふと「荒井由美」さんのアルバムが目に留まりました。1972-1976のベスト盤です。「やさしさにつつまれたなら」を聴きたかったので、松任谷由美さんのでも良かったのですが、たまたまこれ一枚しかなくて二枚組みのを買いました。かけてみると、声も若い。(^^) この当時より、もう少し後の方が好きかなとは思いましたが・・。
今はベルベット・イースターが流れています。

1972年~76年・・何をしていただろう?などなど考えております。実はこの当時就職して忙しい時期だったため、リアルタイムではユーミンなる歌手の歌をラジオ等では聴いていなかったのです。かなり有名になってテレビやBGMで流れ出してから知りました。ユーミンに限らず、丁度この当時の私は仕事でいっぱいいっぱいだったために、流行の歌や番組の記憶が抜けています。30年たって、そんな記憶から抜けているこの曲を、私なりに一足遅れて懐かしいと思うのです。

|

« 風見猫 | トップページ | 鳩三郎 »

コメント

先日ユーミンのコンサートへいってきました。
ユーミンは、CDで聞いたほうがいいなぁという実感。

最近のユーミンより荒井由美のほうがなつかしい。

投稿: 朱夏 | 2006.05.14 21:58

★朱夏さん、こんにちは。
コンサートへいらしたのですか?いいですね。
去年の紅白のときだったか、万博のテーマ曲を歌っていましたが、あれは馴染みが薄くて、もうひとつと感じていました。声も、30代くらいのときの声が一番いいように思えます。今聞いているのは唄い方も声も、まさに若い!という感じです。(^^; ♪now playing "chinese soup"です。

投稿: pixydust | 2006.05.14 22:56

pちゃぁ~ん

荒井さんではないのですが、「Bonjour L’apresmidi」というユーミンの曲の

フランス語バージョンがあります。
やさしさに包まれたならもあります。

Enveloppe Tendresse

フランス語は、も、チンプンカンプン(;´_`;)ですが、妙に面白いです。

 a

投稿: acars | 2006.05.15 05:37

pixydustさんの日記を読ませてもらい、小生もある時期音楽と縁のない時期があるなぁ~なんて思ったしだいです。1970年台は良く聞いたほうやけど1980年台はあまり聞いてなくて、仕事が忙しかったんやろね・・・(笑)
また最近の曲についていけなくて1960~1970年台の歌を良く聞いてますよ。

投稿: beso | 2006.05.15 09:16

★aちゃん、お元気でしたか?(^^)

Enveloppe Tendresse・・
封筒?優しさ?・・私もフランス語も(^^;だめなので想像ですが???
だとしたら、「やさしさにつつまれたなら」の意味を面白く訳しているのですね?
ちなみに、、「Bonjour L’apresmidi」というのはアルバム名ですか?聴いてみたいです。誰が歌っているんですか?

★besoさん、こんにちは。
1980年代・・この当時はテレビも観ていたような記憶がありますが、音楽についてはあまり深く興味を持てなかったようにも記憶しています。
なぜかと振り返ると・・この頃からラジオをあまり聴かなくなったからかな・・と。
・・now playing "あの日にかえりたい"(^^;

投稿: pixydust | 2006.05.15 10:08

pちゃぁ~ん(o^^o)

enveloppeは、封筒のほうではなくて、
ちなみに封筒は女性名詞(^○^)

envelopper「包む」の過去分詞なの

封筒だと、ふと 思ったのネ

そそ、アルバム名だよ
恋人たちの午後って副題がついてあるま~に

なんで、アルマーニや(;´_`;)イミプ

CAROLE SERRAT「キャロル・セラ」
って人が唄っていますねやわん

 a

投稿: acars | 2006.05.15 17:38

通りすがりの浪人ものではあるが、ユーミンの名が目に止まりて候。
先日「恋人はサンタクロース」を聞いて、涙があふれてしまったのであるが、恥ずかしいので特に秘す。
では

投稿: ヒマ | 2006.05.15 18:19

★aちゃん、こんにちは。
なるほど、そうなんですね。封筒も包むから、とかではなくて。(^^ゞ
包まれる、優しさに。という意味になるんでしょうか?
>CAROLE SERRAT「キャロル・セラ」
って人が唄っていますねやわん

↑探してみますね。(^^)

★そこを行かれるお侍様、もしやヒマ様では?
お元気でしたか?(^^)
私はその「Enveloppe Tendresse」=「優しさにつつまれたなら」で涙が溢れることたびたびでございます。(^^)
now playing “さざ波”・・でございます。

投稿: pixydust | 2006.05.15 23:58

自分の日記にも書いたように記憶していますけど、一番好きな曲が「ベルベット・イースター」です。そのときの心理状況次第で涙があふれます。「魔法の鏡」も「海を見ていた午後」も「卒業写真」も・・・キリがありませんね。いい曲作るぜ。
アルバムでは「ミスリム」がジャケットも含めて未だに一番好きです。
私も、昨年ですが初めてコンサートへ行きました。そのときは結構声が出てましたけど、万博のときはいまいちでしたね。
井上陽水もそうですが、聴いていると「あの日にかえりたい」という気持ちになってしまいます。

投稿: しもん | 2006.05.16 17:55

★しもんさん、こんにちは。
・・そうでしたよね。(^^)
ユーミンの曲って軽快なものも多いのですが、なぜか泣けるというのは、やはり当時の想い出と重なるからでしょうか。
ベスト盤には「魔法の鏡」と「海を見ていた午後」の間に「12月の雨」が挟まれて収録されています。「ミスリム」には、どのあたりの曲が収録されているのでしょうか。
たまたま先日日曜に東京であった同期会の写真をもらいましたが、まさに「あの日に」帰った気分で眺めておりました。ここ数日、当時にタイムスリップするような出来事が重なり、少しばかりセンチメンタルになっています。(^^;
・・now playing“恋のスーパーパラシューター”です。

投稿: pixydust | 2006.05.16 23:51

「魔法の鏡」と「海を見ていた午後」と「12月の雨」は「ミスリム」に入ってます。
「ベルベット・イースター」は、その前のデビューアルバム「ひこうき雲」の方。

余談ですが、松任谷由実って、私と学年が同じで、誕生日も2日しか違わないんですよね。
ふ~ん、それがどうした。

投稿: しもん | 2006.05.17 19:45

★しもんさん、こんにちは。
今は「14番目の月」♪です。(^^)
アルバム名、ありがとうございます。
ユーミンさんって、しもんさんと同じ年?
・・・ということは・・・岡崎友紀さんとも同じ年?・・・ということは???(^^ゞ

投稿: pixydust | 2006.05.18 20:39

私もユーミンの歌好きです。逗子マリーナでのコンサートには何度か行ったことがあります。ふと立ち止まると「あの日に」帰りたくなる気分、よくわかります。70年代はいろいろ思い出があり過ぎて・・・やはりどちらかというと荒井由美の頃の歌が懐かしいかな。

投稿: キム | 2006.05.28 09:53

★キムさん、こんにちは。
「70年代は思い出がありすぎて」・・この一言にキムさんの時間を垣間見たような気がします。
テレビの「ザ・ヒットパレード」に流れる曲を聴いても懐かしい・・やはり音楽と想い出は切り離せないものがありますね。(^^)

投稿: pixydust | 2006.05.29 02:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13861/10054615

この記事へのトラックバック一覧です: ベルベット・イースター:

« 風見猫 | トップページ | 鳩三郎 »