« 勝尾寺のだるま | トップページ | 言葉より »

2006.04.01

卯月

060401

どんな小さな蕾でも 
凍える冬を越えれば ほら
春が来るたびに鮮やかな花が咲くのだから

・・友人が送ってくれたMDをデッキに入れ、最初にかかった曲。

友人はこのMDを聴きながら通勤して、元気になれたといって、手紙とともに私に送ってくれたのです。別に何の連絡をしたわけでもなく、ふとこうして送ってくれることが、私には大きな力となります。

小指の先の5ミリの傷でも気になって仕方ないように、心の隅っこの5ミリの擦り傷でも痛いです。でもそんなとき、こんなメッセージが届くと一度に吹き飛びます。

寒い弥生の末、桜の蕾に雪が降りましたが、今日から四月。
鮮やかに咲いてくれそうです。

|

« 勝尾寺のだるま | トップページ | 言葉より »

コメント

なんだか心が優しくなれそうな曲ですね。いい友人がいて幸せです。人と人は繋がっているんですね。そして、支えあって生きていくものなのだと改めて想いました。
今日から4月花の季節なんだかうれしいです^^

投稿: みい | 2006.04.01 16:34

★みいさん、こんにちは。
コブクロの歌なので、ご存知の方も多いかもしれません。MDをもらうまでは、テレビで聴く程度だったのですが、誰の曲かというより、誰からもらったか、が大きいですね。(^^)
4月・・何か新しいことが、始まりそうですか?

投稿: pixydust | 2006.04.02 10:31

pixydustさん、いいお話を有難うございました!素敵な関係ですね。人と人がどこかで支え合うことがなければ、5ミリの傷さえ癒すのは難しいかもしれませんよね。

投稿: キム | 2006.04.07 21:32

★キムさん、こんばんは。
キムさんや皆さんからの、こうした数行のメッセージも、同じく私には大きな励ましです。
友達は良いものですね、しみじみと思います。
何十年会っていなくても、すぐに心のつながる同期も、同じです。(^^)

投稿: pixydust | 2006.04.07 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13861/9368564

この記事へのトラックバック一覧です: 卯月:

« 勝尾寺のだるま | トップページ | 言葉より »