« 夏色でした | トップページ | 繁忙期 »

2005.03.24

jazzとガーデニング

050323家で少し工事をしている関係で、庭が狭くなりました。工事のときの埋め戻しということで、庭師さんが、工事で掘った分の土を入れに来ました。朝、本当にさわやかな、明るい笑顔の青年だなぁと思った人が庭師さんでした。
いろいろとおしゃべりしているうちに、結局一日、我が家の庭を手直ししてくれることになり、植木鉢で放置されていた万年青や、まっすぐ直列に並べた花壇の石を割り、曲線でアレンジしてくれたり、きれいに石を敷いてくれたり・・・それもちょっとした植え方が、さすがプロ。
おしゃべりの内容から、京都の古いお寺の庭も任されているような人だけれど、自分でガーデニングデザインもしているとか。趣味はjazz。サックスを吹いているのだそうで、仲間と月一回のセッションをするのが楽しみと言う。
うーーん、アートな世界に生きている人だなぁ・・。 
こういうのも素敵ですが、私には、あの、屈託のない人懐っこい笑顔、あれだけでも大きな芸術だと思えたものでした。

|

« 夏色でした | トップページ | 繁忙期 »

コメント

pixydustさん、すてきな庭になりそうですね。
写真を見ていると、さすがジャズ好きの人が造っている庭らしく、曲線に並べられた石や、樹木が植えられているさまを見ると、音楽のような自由さを感じさせてくれますね。
私も少しは見習いたいものです。

以前ホームセンターで煉瓦の安売りがあり、大量に買い込んできて、妻と二人で庭の高い木の周りを放射状に並べてみたりしたことがあったのですが、何せ素人の作業なのでいびつに、しかもでこぼこになってしまいました。
でも、まあ二人で造ったという思い出にはなったのですが・・・。

早く完成するといいですね。庭をながめながらビルエバンスなどを聞くのもいいかもしれません。

投稿: はっP | 2005.03.25 21:48

はっPさん、こんにちは

春らしくなりましたね。
ご夫婦で作られた庭は、なによりの記念になりますよね。我が家の奥さん(私)は無精者で、思うだけでなかなか動かないものですから、こういうことになりました。(^^;
写真の隅っこに映っている小さな窓が、事務所の小窓です。光とりだけのための窓ですが、これから草の丈が伸びたら、きっと少しは見えると思います。無理を言ってあけてもらった窓なのですが、予定よりも小さくなりました。でも、庭の光を感じながら過ごせるのは良かったです。
はっPさんにはいつも変化の季節である、この春、どのように過ごされるのでしょうか?
私も、良い思い出の残る春にしたいです。

投稿: pixydust | 2005.03.29 17:33

pixydustさん、写真を拝見していて、あの窓のようなものはなんだろう?と思っていました。事務所の窓なんですね。なんだか素敵ですよ。半地下のような感じなんでしょうか。
ちょっと見上げると庭からの明かりが入ってくるなんて、いい環境ですよね。う、うらやましい。

ぜひ、一度のぞいてみたいです。
差し障りの無い程度に、今度写真で紹介してください。
私もほしくなってしまいました、事務所(*^_^*)

投稿: はっP | 2005.04.02 00:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13861/3414589

この記事へのトラックバック一覧です: jazzとガーデニング:

« 夏色でした | トップページ | 繁忙期 »