« 名古屋のクリスマス | トップページ | 凍みこんにゃくと干ししいたけ »

2004.11.27

干し柿便り

先日たる柿を送ってくれた知人のTさんから、今度は干し柿が送られてきました。
041127.jpg
手紙には「この暖冬では天日干しは不可能。かびを培養するだけですので、密閉した縁側で除湿機と扇風機を回しっぱなしにして二週間、味はまあまあです。ラジオのニュースで言っておりましたが、"あんぽ柿"というものはそうやってつくるのだそうです。柿の品種が良ければ、もっと美味しいのでしょう。」とあります。冷蔵庫には、まだあの時の柿が保存してあって、もっと寒くなったら天日干しをする予定だそうです。お菓子の箱に丁寧に並べられた干し柿には、Tさんご夫妻の貴重な時間と眼差しが含まれていて、何よりも美味しく、心に沁みる味です。

|

« 名古屋のクリスマス | トップページ | 凍みこんにゃくと干ししいたけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13861/2086145

この記事へのトラックバック一覧です: 干し柿便り:

« 名古屋のクリスマス | トップページ | 凍みこんにゃくと干ししいたけ »