« アメリカ? | トップページ | 乗り遅れニ連発 »

2004.10.24

救命センターからの手紙

大変な地震。心よりお見舞い申し上げます。

阪神大震災の時、大阪にいたので、神戸ほどでは
ないのですが、やはり大変な揺れを体験しました。
震度6は、それは大変なことだったのだろう・・・
そう想像するのみです。 
041024.jpg
浜辺祐一さんという救急のドクターが書かれた本を
2冊読みました。「救命センターからの手紙」と
「こちら救命センター」です。
人の命について、少し粗っぽい口調ではあるのですが、
いつも同じ目の高さで患者さんに対している姿が伝わります。
また、医師だけあって、命の定義についても淡々と語ります。

生々しい現場の事例に、時には胸が熱くなり、時には
哀しくなりつつ読み進みました。
命について、人生について、
浜辺さんの本には、命の終る場所に
立ち会う仕事という現実を通して、
なまじな哲学書にはかなわないような
実感と説得力があるように思いました。

|

« アメリカ? | トップページ | 乗り遅れニ連発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13861/1763483

この記事へのトラックバック一覧です: 救命センターからの手紙:

« アメリカ? | トップページ | 乗り遅れニ連発 »